事例集 CASE STUDY

2017.07.12プレキャストコンクリート製品JIS定期の認証維持審査終了

カテゴリ
道路用製品
使用製品名
プレキャストコンクリート製品

プレキャストコンクリート製品の、JIS定期の認証維持審査(審査機関は日本建築総合試験所)が平成28年10月25日(火)に実施され、無事終了しました。


当社はJISA5371プレキャスト無筋コンクリート製品Ⅰ類(境界ブロック)及び、JISA5372プレキャスト鉄筋コンクリート製品Ⅰ類(上ぶた式U形側溝・落ちふた式U形側溝)のJISを取得しています。

今回は5年に1回のJIS大改正が平成28年4月20日に行われた後、最初に行われる審査となりました。今回の改正の趣旨は

①性能規定化のより一層の推進

②社会的ニーズを踏まえての見直し

③制定又は改正された関連する規格の適正な反映、

などです。

具体的には、

①推奨仕様の団体規格への移管はしない

②性能の用語と定義の修正(ex.[耐震性能]→「耐震性」、「終局状態性能」→「安全性」)

③構造的な性能は耐力で表示(ex.[曲げ強度]→「曲げ耐力」、「製品の曲げ試験」→「製品の曲げ耐力試験」)

④推奨仕様の規定に曲げひび割れ耐力の追加、

などです。これらの項目に関する社内規格を修正し、審査にのぞみました。

JIS定期の審査は、総括的事項、原材料の管理、工程検査、製品検査、設備検査、苦情処理などについて行われました。あらためて、いい製品を作っていくには日常管理が大切であることを痛感させられました。
今後とも日本工業規格(JIS)表示認証工場として、恥じることのない良い製品を作り続けてまいりたいと思います。

20170329002.jpg

20170329004.jpg

20170329006.gif

By M.Shinmura