事例集 CASE STUDY

2018.04.11コンクリート製中央分離帯 R型ブロックの施工事例

カテゴリ
道路用製品
使用製品名
中央分離帯 R型ブロック

コンクリート製中央分離帯 R型ブロックの施工事例をご紹介します。


浜松市発注のJR高塚駅北口駅前広場整備工事において、弊社のオリジナル製品である中央分離帯R型ブロックが採用されました。

中央分離帯R型ブロックのカタログはこちら →

施工業者様はは山平建設(株)様です。

通常、道路の中央分離帯として使用される製品ですが、今回は敷地内の境界ブロックとして使用されました。

R型の断面形状をしており、通常の境界ブロックと比べ、よりスマートな外観を演出できます。

標準の直線タイプと、R=0.25、0.5、0.75、1、1.5、2.0、3.0と端部、曲線部の製品をご用意しています。

①    駅前広場全景

20180403004.jpg

曲線部

20180403006.jpg

By T.Sato