事例集 CASE STUDY

2022.01.12プレキャストコンクリート製エプロンブロック「EPベースパネル」の採用例

カテゴリ
道路用製品
使用製品名
プレキャストコンクリート製エプロンブロック「EPベースパネル」

浜松市発注の歩道設置工事「令和元年度神久呂伊佐見線歩道設置工事」にて、EPベースパネルを採用いただきましたので紹介いたします。
EPベースパネルは現場打ちのエプロンブロックをプレキャスト化し、工期短縮、安定した工程管理、省人力化に貢献する製品です。

 

プレキャストコンクリート製エプロンブロック「EPベースパネル」の製品カタログはこちら→

 

今回は工場の前、40m程度のエプロンの施工をEPベースパネルでしていただき、工期の短縮、早期解放に貢献することができました。施工は㈱山辰鉱産様です。

 

転圧した基礎砕石にモルタルを均し、パネルを設置するのみですので、現場打ち用の型枠、生コン手配、打設後の均し作業など煩わしい作業が一切要りません。

 

設置したパネル同士は連結プレートで固定します。

 

パネル設置後は溝に縁石を並べるだけです。

完成、解放後の写真です。

 

民地への乗入箇所は、現場打ちの場合養生が必要で開放に時間がかかりますが、EPベースパネルは即日開放が可能です。

乗入箇所のみのご相談でも構いません。

お悩みの際はぜひご連絡ください。

 

By H.Ishida