太洋コンクリート工業株式会社

耐震性BOXカルバート SJ BOX

トップページ > コンクリート二次製品カタログ >   耐震性BOXカルバート SJ BOX

耐震性BOXカルバート SJ BOX

特 長

SJ-BOXは。継手にゴムリングを採用することで、水密性、可とう性に優れた特長を持たせました。全ての継手にゴムリングを用いるため、柔軟な構造の管路が構築され、レベル2地震動における要求性能を満たすことができます。また、シンプルな構造のため、施工性、経済性にも優れています。(NETIS登録番号:SK-030003)

SJ-BOX  
安価で耐震性能を有する
個々のジョイントで地震動に対応するので、耐震設計が簡易。(基本的にはすべてレベル2地震動対応)
急速施工
接合するだけ、内目地不要.内目地の出来ない小口径BOXでも止水性を確保。
ワンタッチで高い止水性
0.06MPaの止水性を挿し込むだけで確保。
軟弱地盤
どんなBOXでも不同沈下を防ぐことは不可能ですが、SJBOXは、50mスパンで数10cmの沈下に対応可能。



寸法表 B600 ~ B2000



呼び寸法 外幅 外高 有効長 厚さ 高さ 継手部長さl 参考質量 ダウンロード
頂版厚 底版厚 側壁厚 ハンチ 挿口 受口
B×H Bo Ho T1 T2 T3 l1 l2 (㎏) dwg dxf
600×600 860 860 2000 130 130 130 100 100 100 2000 - -
700×700 960 960 2000 130 130 130 100 100 100 2260 - -
800×800 1060 1060 2000 130 130 130 100 100 100 2520 - -
900×600 1160 860 2000 130 130 130 100 100 100 2390 - -
900×900 1160 1160 2000 130 130 130 100 100 100 2780 - -
1000×800 1260 1060 2000 130 130 130 150 100 100 2900 - -
1000×1000 1260 1260 2000 130 130 130 150 100 100 3160 - -
1000×1500 1260 1760 2000 130 130 130 150 100 100 3810 - -
1100×1100 1360 1360 2000 130 130 130 150 100 100 3420 - -
1200×800 1460 1060 2000 130 130 130 150 100 100 3160 - -
1200×1000 1460 1260 2000 130 130 130 150 100 100 3420 - -
1200×1200 1460 1460 2000 130 130 130 150 100 100 3680 - -
1200×1500 1460 1760 2000 130 130 130 150 100 100 4070 - -
1300×1300 1560 1580 2000 140 140 130 150 100 100 4100 - -
1400×1400 1660 1700 2000 150 150 130 150 100 100 4540 - -
1500×1000 1780 1320 2000 160 160 140 150 100 100 4470 - -
1500×1200 1780 1520 2000 160 160 140 150 100 100 4750 - -
1500×1500 1780 1820 2000 160 160 140 150 100 100 5170 - -
1800×1200 2100 1540 2000 170 170 150 150 120 120 5600 - -
1800×1500 2100 1840 2000 170 170 150 150 120 120 6050 - -
1800×1800 2100 2140 2000 170 170 150 150 120 120 6500 - -
2000×1500 2320 1860 2000 180 180 160 200 120 120 6980 - -
2000×1800 2320 2160 2000 180 180 160 200 120 120 7460 - -
2000×2000 2320 2360 2000 180 180 160 200 120 120 7780 - -

寸法表 B2200 ~ B3000



呼び寸法 外幅 外高 有効長 厚さ 高さ 継手部長さl 参考質量 ダウンロード
頂版厚 底版厚 側壁厚 ハンチ 挿口 受口
B×H Bo Ho T1 T2 T3 l1 l2 (㎏) dwg dxf
2200×1800 2560 2200 1500 200 200 180 200 120 120 6570 - -
2200×2200 2560 2600 1500 200 200 180 200 120 120 7110 - -
2300×1500 2660 1500 1500 200 200 180 200 120 120 6320 - -
2300×1800 2660 1800 1800 200 200 180 200 120 120 6720 - -
2300×2000 2660 2400 1500 200 200 180 200 120 120 6990 - -
2300×2300 2660 2700 1500 200 200 180 200 120 120 7400 - -
2400×2000 2780 2420 1500 210 210 190 200 120 120 7530 - -
2400×2400 2780 2820 1500 210 210 190 200 120 120 8100 - -
2500×1500 2900 1940 1500 220 220 200 200 120 120 7340 - -
2500×1800 2900 2240 1500 220 220 200 200 120 120 7790 - -
2500×2000 2900 2440 1500 220 220 200 200 120 120 8090 - -
2500×2500 2900 2940 1500 220 220 200 200 120 120 8840 - -
2800×1500 3240 1980 1000 240 240 220 200 120 120 5740 - -
2800×2000 3240 2480 1000 240 240 220 200 120 120 6290 - -
2800×2500 3240 2980 1000 240 240 220 200 120 120 6840 - -
2800×2800 3240 3280 1000 240 240 220 200 120 120 7170 - -
3000×1500 3480 2020 1000 260 260 240 300 120 120 6780 - -
3000×2000 3480 2520 1000 260 260 240 300 120 120 7370 - -
3000×2500 3480 3020 1000 260 260 240 300 120 120 7970 - -
3000×3000 3480 3520 1000 260 260 240 300 120 120 8570 - -

継手構造

ゴムリングは、コンクリート打設時に埋め込み
受け挿しの勾配がほとんど無いので接合後、抜け出し始めてもゴムリングの圧縮率が変化しないため水密性能を維持しやすい
ゴムリングにより自動的にBOX同士のセンターが合う
 


性能試験

1.抜出し性能

レベル2地震動における要求性能 SJーBOX
製品幅 製品長 屈曲角 抜出し量 屈曲角 抜出し量
500~1500㎜ 2000㎜ 0.24度 30㎜ 1.0~2.0度 -5~+35㎜
1800~3000㎜ 2000㎜ 0.24度 30㎜ 0.8~1.3度 -5~+50㎜


2.水密性能 (外水圧)

 

0.06MPaの止水性を挿し込むだけで確保されます。

 

3.施工性能

 

ゴムリング1本で止水・耐震性能を有するため、製品を接合するだけですぐに、埋め戻しができ、施工性に非常に優れています。


4.環境に優しい

  従来製品は、PC鋼棒、シール材、目地材、グラウト材、耐震継手、PC緊張装置等必要でしたが、SJ-BOXは、ゴムリング1本・レバーブロック1~2台で済むため、非常に省資源・省労力で、環境に優しい製品です。
 

止水試験

従来工法との比較

1.既存技術との比較(縦断方向耐震性能)

レベル2地震動における要求性能 SJーBOX
製品幅 製品長 屈曲角 抜出し量 屈曲角 抜出し量
500~1500㎜ 2000㎜ 0.24度 30㎜ 1.0~2.0度 -5~+35㎜
1800~3000㎜ 2000㎜ 0.24度 30㎜ 0.8~1.3度 -5~+50㎜


2.既存技術との比較(不動沈下対策)

SJ-BOX 可とう継手+ウレタン目地
沈下に対する
追随性
・個々の目地で追随するので極めて高い
・緊張により追随しづらい
・あまり沈下量が多いとどこかの躯体に集中応
力が発生する恐れ
目地開きの制御
・基本的には制御していない
・沈下量が多い箇所では抜け出し防止金網で対
応可能
・目地開きを均等にしやすい効果が多少期待できるが、
数量的には評価しづらい


3.経済性(参考)

施工事例

 
 
 

布設歩掛り



製品長 2.0m/個
名称 位単
世話役 0.52 0.78 0.96 1.13 1.30
特殊作業員 0.35 0.43 0.61 0.78 0.96
普通作業員 1.13 1.57 2.09 2.61 3.13
ホイールクレーン運転 0.26 0.35 0.52 0.70 0.87
雑工
種率
基礎砕石 31 41 30 32 37 31
均しコンクリート 58 97 62 76 94 77
定規金具 23 17 17 12 8 7
諸雑費率 10


製品長 1.5m/個 1.0m/個
名称 単位
世話役 1.04 1.39 2.17 3.22 4.35 3.22 5.13 7.04
特殊作業員 0.70 0.87 1.39 2.00 2.70 2.00 3.04 4.09
普通作業員 2.17 2.87 4.52 6.70 8.70 6.43 10.26 14.09
ホイールクレーン運転 0.43 0.52 0.78 1.13 1.48 0.78 1.13 1.57
雑工
種率
基礎砕石 30 24 25 16 21 18 14 14
均しコンクリート 70 59 66 41 32 47 30 22
定規金具 12 10 6 4 3 4 3 2
諸雑費率 6 4


■使用ホイールクレーン規格



範囲 内空高 規格
  2.5m以下 油圧式25t吊
2.5m超 油圧式45t吊
    油圧式45t吊


■歩掛り区分




ページの先頭へ