太洋コンクリート工業株式会社

L型組立水路

L型組立水路

特 長

L型水路とは、L型の部材を組み合わせる事により水路を構築する製品の事です。底版インバ ートコンクリートの打設時に一部中詰め石工を行なう事により浸透式の水路を構築する事も可能です。

●自由な設定

組合せ式の水路なので、組み合わせにより右岸・左岸の壁
高を変える事や、水路幅の拡幅・狭小を行なう時に適して
います。



●挟所での施工

壁部のみの部材であるため、計画水路幅に関係なく、比較
的小規模機械での施工が可能で、搬入車両や施工機械の
進入に制限がある場合に適しています。




●カーブでの施工

右岸・左岸との組み合わせですので、カーブ施工時も比較
的簡単に施工する事が出来ます。




●フォークリフトによる施工

トラッククレーンにて施工が不可能な場合は、専用治具を
使用する事によりフォークリフトでの施工が可能となりま
す。当社、営業部までお問合せ下さい。

 


施工写真



寸法表


壁高
寸法詳細(mm)
差し筋部
参考質量
ダウンロード
H
B
T1
T2
C
H1
D1
本数
(kg)
dwf
dxf
700
350
80
110
100
810
D10
400
13
542
ダウンロード
ダウンロード
800
350
80
110
100
910
D10
400
13
582
ダウンロード
ダウンロード
900
350
80
110
100
1,010
D10
400
13
622
ダウンロード
ダウンロード
1,000
550
80
110
100
1,110
D10
400
13
772
ダウンロード
ダウンロード
1,100
550
80
110
100
1,210
D10
400
13
812
ダウンロード
ダウンロード
1,200
550
80
110
100
1,310
D10
400
13
852
ダウンロード
ダウンロード
1,300
550
80
110
100
1,410
D13
500
13
892
ダウンロード
ダウンロード
1,400
550
80
110
100
1,510
D13
500
13
932
ダウンロード
ダウンロード
1,500
550
100
130
100
1,630
D13
500
13
1,198
ダウンロード
ダウンロード
1,600
550
100
130
100
1,730
D13
500
13
1,248
ダウンロード
ダウンロード
1,700
550
120
150
100
1,850
D13
500
13
1,660
ダウンロード
ダウンロード
1,800
700
120
150
100
1,950
D13
500
13
1,720
ダウンロード
ダウンロード
1,900
700
120
150
100
2,050
D16
600
13
1,780
ダウンロード
ダウンロード
2,000
700
120
150
100
2,150
D16
600
13
1,840
ダウンロード
ダウンロード
2,100
700
120
150
100
2,250
D16
600
13
1,900
ダウンロード
ダウンロード
2,200
700
150
200
100
2,400
D16
600
13
2,525
ダウンロード
ダウンロード
2,300
700
150
200
100
2,500
D16
600
13
2,600
ダウンロード
ダウンロード
2,400
700
180
200
100
2,600
D16
600
13
2,675
ダウンロード
ダウンロード
2,500
700
180
200
100
2,700
D16
600
13
3,155
ダウンロード
ダウンロード
2,600
700
200
200
100
2,800
D16
600
13
3,245
ダウンロード
ダウンロード
2,700
700
200
250
100
2,950
D16
600
20
3,850
ダウンロード
ダウンロード
2,800
700
200
250
100
3,050
D16
600
20
3,950
ダウンロード
ダウンロード
2,900
700
200
250
100
3,150
D16
600
20
4,050
ダウンロード
ダウンロード
3,000
700
200
250
100
3,250
D16
600
20
4,150
ダウンロード
ダウンロード


設計諸元

■設計荷重
載荷重・・・・・・・・・・・・・q = 10 kN/m2
土の単位体積重量・・・・・・・・γ = 18 kN/m3
土の内部摩擦角・・・・・・・・・φ = 30°

■コンクリートの設計基準強度
製    品・・・・・・・・・・・σck = 35 N/mm2
現場打ち部・・・・・・・・・・・σck'= 21 N/mm2

■許容応力度
圧縮応力度(製品)・・・・・・・σca = 12N/mm2
圧縮応力度(現場打ち部)・・・・σca'= 8 N/mm2
セン断応力度・・・・・・・・・・τ a = 0.5 N/mm2
鉄筋引張応力度・・・・・・・・・σsa = 160 N/mm2


標準構造

■主鉄筋
現場打ち部の鉄筋は製品突出鉄筋と同径にて全数結束します。

■配力鉄筋
製品端部より150mm逃がし、300mm ピッチにて割り付けて下さい。センター部においては300mm以下になるように調整します。 基本的にD10を使用します。

■内水圧を考慮する場合
用水路など、内水圧を考慮する必要がある場合には底版に反力が働くため、製品突出鉄筋及び、現場打ち部鉄筋共にダブル配筋となります。


浮上がり防止

■ウィープホール設置位置
地下水位が高い場合は、浮力検討を行ないウィープホールの設置位置を決定します。


■ウィープホール径と数量
側壁部は、φ50を1m当り1個を基本とし、底版部は透水係数などより算出し決定します。

異形製品の制限

■斜切り・短切り製品の制限

左図のようにコーナー部などで、斜切り・短切り製品が必要となる場合、各寸法は下記を限度に製品割付を行なって下さい。

 ①調整部材
  L = 600mm以上


 ②斜切部材
  LL = 1950mm以下
  LS = 600mm以上





布設歩掛り

(10m当り)
壁高さ(m) 世話役(人) ブロック工(人) 普通作業員(人) トラッククレーン運転(日)
0.7超~1.5以下 0.60 0.60 1.80 0.60
1.5超~2.5以下 0.68 0.68 2.04 0.68
2.5超~3.0以下 0.78 0.78 2.34 0.78

  1. 歩掛は、床堀り・基礎(敷きコンクリート、基礎砕石)・埋戻し・インバートコンクリート打設は含みません。
  2. 歩掛は、運搬距離10m程度までの小運搬を含みます。
  3. トラッククレーンは製品重量の3倍以上の能力のものを用意して下さい。
  4. トラッククレーンは賃料とします。
  5. 敷きモルタル、敷き砂は別途計上願います。
ページの先頭へ