トップページ > 事例集 > 雨水地下空間貯留施設 LTX<エルテックス>システム施工事例

事例集

雨水地下空間貯留施設 LTX<エルテックス>システム施工事例

カテゴリ 雨水調整池・貯留槽  
使用製品名 雨水地下空間貯留施設 LTX<エルテックス>システム 
浜松市浜北区内開発工事内の地下調整池に当社LTX<エルテックス>システムを採用して頂きました。



LTXとは主に民間工事で必要とされる調整池の中の、地下調整池への提案を主としている製品です。
製品名称にちなんだL・T・X形状のブロックとスラブを設置する事により、1水槽あたり2.0mx2.0m、通水部幅1.0mという形を構成していきます。

その特徴は
・簡単な配置計画
・広い通水断面による維持管理面の容易さ
・10㎝単位の製品群で無駄のない提案の実現
・T25土被り0㎝を基本とした高規格構造
・底部コンクリート以外、全てプレキャスト製品化による工期短縮
・オープンクローズの切り替えの良さ
といった点が挙げられます。

維持管理面の容易さ。製品高0.5~の10㎝単位の製品郡により浅い設置計画、放流先への対応力。高規格構造による施工現場における制約・配置計画上の問題の解消。この3点が特にご好評頂いている商品です。

<基礎工事>

20181002004.jpg

・基礎砕石 t=200mm
・基礎コンクリート t=300mm
・鉄筋 D16 ピッチ250mm以内。



<パーツ据付>

20181002006.jpg



20181002008.jpg

・墨出し
・敷きモルタル t=20mm
・機械据付 25tクレーン(標準)
・インバートコンクリート打設 50~100mm
・目地部止水施工 (コーキングorモルタル)

Tパーツ、Lパーツ加工により、最大1mまでの通水断面が確保出来ます。また、袖壁開口加工もする事も出来ます。



<余水吐>

20181002010.jpg

・現場打ち仕様



<スラブ設置>

20181002012.jpg

・スラブ据付(今回の現場はT-14タイプを使用)
・スラブボルト固定

荷重条件に応じてスラブを設置する事が出来、また開口部位置も任意で決める事が出来ます。その為、自由な設計をする事が出来ます。
当社のLTXシステムを是非ご検討お願い致します。
ご興味がありましたら、当社までお問い合わせ下さい。宜しくお願い致します。




By Y.Kawasaki








ページの先頭へ