トップページ > 事例集 > 駐車場緑化しました!

事例集

駐車場緑化しました!

カテゴリ 駐車場緑化  
使用製品名 スクエアパネル クラピア 

当社の細江工場の駐車場を緑化型駐車場にしました。

駐車場緑化に代表される、緑化舗装は『熱環境の改善』『緑の創出』『景観の向上』『雨水の一時貯留』など様々な効果が期待されています。
当社で、開発した緑化舗装用植物保護パネル『スクエアパネル』を使用して、細江工場の来客用駐車場を緑化駐車場に改造しました。

スクエアパネルの特長は以下の通りです。
■植物への踏圧軽減
十字形状の突起部が、確実に植物への踏圧を軽減します。
■高い緑覆率
「全体均一補強型」の使用形態において、約73%の緑覆率を有します。(車輪部補強型=85%)
■高い耐久性能
コンクリート製なので、プラスチックマットの保護材と比較して、高い耐久性能を有します。
■施工時間の短縮
大型のパネル(0.78㎡/枚)のため、ブロック等と比較して大幅に施工時間を短縮します。
■不陸発生の抑制
自動車荷重を大きな面積で受け分散するので、不陸の発生を抑え、施工後の歩行性を確保します。

 

改造前は、こんな駐車場でした。

DSCF2081.JPG

アスファルトを剥がし、約30cm程掘削し、砕石を投入して路盤を造ります。

DSCF2083.JPG

DSCF2086.JPG

DSCF2092.JPG

 

不職布の上に砂を敷き詰め『スクエアパネル』を設置します。

DSCF2095.JPG

スクエアパネル内に客土を施します。
客土は、『スクエアパネル』天端まで投入します。
今回の客土には、サバ土60%、腐葉土40%を使用しました。

DSCF2110.JPG

スクエアパネル内及び周囲に植生をします。
今回の植生は、両側をコウライ芝、内側二面をスーパーイワダレソウ『クラピア』にて行いました。
スクエアパネルの敷設形式は車輪部補強型とし、車両一台あたり8枚使用します。
この敷設形式ですと、概ね85%の緑化率が確保できます。

*クラピアについては以下URLを参照してください。
greenproduce.co.jp/

DSCF2113.JPG

今後は随時、植物の生育及び管理状況を更新していきます!!

by t.k

ページの先頭へ